memo

好きな時に好きなことを書く

7月現場まとめ

 

・「僧侶と交わる色欲の夜に…」応援上映&「スカートの中はケダモノでした。」第1話先行上映&トークショー

・忍ミュ8弾再演(現地&ライブビューイング)

・相席ナイトクラブ

・刀ステ ライブビューイング

・舞台「黒子のバスケ」OVER-DRIVE ライブビューイング

遠い夏のゴッホ

・劇団番長ボーイズ☆第8回本公演 ニーテンナナゴー

 

僧侶~のイベントは司会がNoGoDの団長だったので、気になってチケットを取って行ってみた。NoGoD好きな所謂信者です。アニメはニコ動で予習し、応援上映なのでキンブレを持参。多分今後一生思わないであろう「木魚持ってくればよかった~~~!!」ということを思った。他の打楽器と違って木魚は、映像の音は聞こえるけどちゃんと存在感があるという応援上映にもってこいの代物だった。木魚叩きながら応援上映したかった…。

 

相席ナイトクラブはお笑いコンビ「相席スタート」のイベントです。観に行くのは2回目です。会場が渋谷の∞ホールなんですけど、客席の男女比が独特というか、男性もそこそこ入ってました。本編自体は1時間(21:30~22:30)ですが、チケット代が1500円なので、めちゃ安い、と思う。確実に1500円分以上は楽しめる。大人の男女にお勧めです。

 

黒バスは原作も最初の方しか読んでおらず、ライビュとは言え何でチケットを取ったのか明確な理由はないのですが、何となく行ってみました。花宮がすごく嫌な奴ですごく好きだった。面白かった。しかし続編とかあったら確か2メートル越えのキャラクターがいましたよね…?どうするんだろう…?

 

遠い夏のゴッホ、めちゃくちゃ面白かった。良い観劇体験だったな~~!と帰りに銀劇の赤いじゅうたんを歩きながら胸がいっぱいになった。ホセがかわいい。もぐもぐ、って土を食べるホセかわいい。あの世界にいる虫たちはみな純粋だった。他の虫を食べたいというのも純粋なものだし、ゴッホベアトリーチェに歌を歌いたいというのも純粋なもの。ゴッホが段々記憶を忘れていくのが、悲しい。笑う所もしっかりあって、笑えて泣ける良い舞台。チケットを取ったのが東京前楽だけだったんですけど、もっと取っておけばよかったと心底思った。帰り道では蝉が鳴いていて、いつもなら何も思わない(むしろ蝉嫌い)のに、誰かに愛をうたっているのだな、と思えて、世界がちがって見えた。

 

ニーテンナナゴー、企画でちょっと話題になりましたね。企画期間中に仕事のスケジュールが確定したので私は結局チケットを増やしました。平日の観劇は職場の都合で今は難しいのが悲しい。チケットレースはともかく、個人のshowroomをしてくれたのは観る方としては嬉しかった。(無理はしないでほしいけど)showroomの仕組みとかよく分からないなりに☆を投げてみたり、コメントしてみたりで、何だかんだほぼ毎日見てました。本編の話。メタネタ多めのコメディだった。笑った。「このチケット7500円もするんだぞ!」というような台詞があって、それを聞いた私は「それな~~~」と思った。他事務所の同じような劇団のチケットはもうちょっと安い。ただ、このチケット代がちゃんと彼らに渡るのであれば個人的には別に問題ないです。

 

そんな7月でした。

いつの間にか8月に入っててびびる。