memo

好きな時に好きなことを書く

6月現場記録

ノートルダムの鐘

・ALL OUT!! THE STAGE

・黒雲峠

・マネキンライフ

・舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜

・厨病激発ボーイ

・ミュージカル「忍たま乱太郎」第8弾再演~がんばれ五年生!技あり、術あり、初任務~

 

厨病激発ボーイはただただ面白かった~~~!

原作?原曲?を知らずに行ったんですけど、何も考えずにとにかく笑えるし、でも少し考えさせられたりもして、楽しい舞台でした。

ハイステキャスト陣は身長インフレがすごいな、と。周りが皆高身長だからハイステではそんなに身長が高く見えなかったのに、違う舞台で観たら背は高いわスタイルはいいわで改めて驚きました。

CBGKに行ったのは初めてだったんですが、とても好きな劇場でした。椅子がふかふかで惚れた。ただ、隣がライブハウスだからか、壁寄りの席だったんですが、バスドラの振動が多少気になりました。勿論、舞台を邪魔する程ではなかったですが。

 

忍ミュは、再演よりも初演が好きかな…。再演が悪いのではなくて、初演が好きだった、というかGロッソが好きだったんだと思います。劇場がサンシャインに変わって仕方ないとはいえ、Gロッソならではのアクションが無くなっていて、少し残念。ただ、最近髭が始めたとか成長痛とか五年生ならではの会話が14歳っぽくてこれはこれで良かった。6年生だとこういう話題になると犬猿が喧嘩を始めてきゃっきゃとした雰囲気にはならなそうだ…。

最後の水練二人がとてもかっこよかった!!けど、逆に5年生の印象が薄くなったような気がします。たしかに任務完了だけど…、というもやもやが…。

初演の時から8弾の曲は学園祭向けだな、と思っていたので学園祭が楽しみです。チケット取りたい。

 

刀ステ、劇場以外に大千秋楽のライビュも観たんですけど、ライビュの方が面白く感じました。一度観ているからストーリーを把握しているからなのか、舞台自体が面白くなっているのかは分からないですが。刀剣男士よりも伊達正宗と細川忠興の絆(こう書くと安っぽくなる)にじーんと来た。欲しかったものが自分ではどうしようもない理由で手にできない、欲しいと願う事すらできないというのは辛い。観ていて、しんどかった。

三日月宗近は一体何者なんだろう。全てを見通している神様に近い存在なのだろうか。後のステで明かされていくことを期待します。

ライビュだとラーメン光忠の場面でお小夜の笑顔が映画館の画面どアップになってたんですが、めちゃくちゃかわいかった。思わずこちらが照れた。

 

デパートの中にいるマネキン達の話、マネキンライフ。

マネキンが壊れてもマネキンだから新しいマネキンが補充されるんですけど、同じ名前をつけて彼らは彼らの世界を保とうとしているし、その事を分かっているからその時を楽しく生きようとしているけれど、デパート自体が閉店してしまえばいくら内側から世界を保とうとしても外側からの力には敵わない。切ない。

マネキンたちはそれぞれキャラクターが立っててとてもよかった。そもそもすごくビジュアルがいい。私はモモとナツキが好きです。

はじめて番ボの舞台を観に行ったんですけど、まずオープニングアクトがあるのに驚いたし、物販で5000円以上買えば好きなメンバーと2ショットチェキ撮れるって言うのにも驚いた。折角だし、と思ってチェキ撮ってもらったんですけど、まだ見れてません。何を好き好んでブスな自分の顔を見なきゃいけないんだよ、と思ってしまう。

 

そんな感じの6月でした。